OpenSense Online Study

Base

Name

バリー・カーズィン

Bio

Dr.Barry Kerzin

アメリカ・カリフォルニア出身
インド・ダラムサラ在住

■プロフィール
チベット仏教の僧侶、教師、また医師として活動中。

カリフォルニア大学(UC)バークレイ校にて哲学の学士取得後、南カリフォルニア大学(USC)にて医学を学び、ワシントン大学(UW)の医学部准教授となる。アメリカ家庭医学会にも所属。
インドのブッダガヤにて、ダライ・ラマ14世から比丘(ビクシュ、僧侶)の戒を受ける。

幼少期、命を脅かす脳の病気にかかったことがきっかけで医師になり、さらに20歳代30歳代に立て続けに親や妻という身近な人の死を続けて体験したことから、仏教の道に入る。
20年前に高血圧の治療に効果のあるチベット伝統医学と西洋医学の研究・教育方法の実践をきっかけに、北インド、チベット亡命政府のあるダラムサラという地に移り住む。ダライ・ラマ14世の推薦もあり、仏教の修行を続けながら人々の慈善治療にあたる。

近年はアメリカ、スペイン、ロシア、モンゴル、インド、日本などで教える。
とりわけ日本では、僧侶と医師・科学者両方の視点から、「心の科学」としての仏教、および「生と死」についての講話、さらに瞑想リトリートを行う。またとくに「死に逝く人にどう寄り添うか」などをテーマとした医療・介護関係者向けの研修も、各地の病院・大学とともに行なっている。_OSD2365

世界のトップ科学者とダライ・ラマ法王を中心とする仏教者の対話を促進するマインド・アンド・ライフ・インスティチュートのメンバーでもある。また近年 はウィスコンシン大学のDr.リチャード・デイビッドソン博士、Dr.アントイン・ルッツ博士、またプリンストン大学のDr.ジョナサン・コーエン博士、 Dr.ブレント・フィールド博士と共に、瞑想や感情と脳科学の研究にもあたっている。

詳細のプロフィールはこちら
一般社団法人ヒューマンバリュー総合研究所 HP: http://humanvalues.jp/