OpenSense Online Study

Base

Name

クリスティン・プライス

Bio

Christine Price
アメリカ・カリフォルニア在住
 
■プロフィール
ゲシュタルト・アウェアネス・プラクティス(GAP) の講師として40年以上学び教え続ける。日本には2003年より招聘、12年間教え続けている。
 
1953年生まれ。17歳のときにエサレンで初めて二週間のグループ・ワークショップを受ける。それがエサレンをマイケル・マーフィーとともに創立したリチャード(ディック)・プライスによるゲシュタルトと ロルフィングのワークショップだった。リチャードが1985年に落石事故で亡くなるまで、 彼と共にエサレンのリトル・ハウスに住み、ワークショップを行う。ディックが亡くなってからも、 約40年間変わらずエサレンで教え続け、この「ゲシュタルト・アウェアネス・プラクティス」を発展させ続けた。
 
2013年新たにトライバル・グラウンド・サークルというスクールをカリフォルニアで開始。
日本、アメリカ、イギリス、ギリシャ、ドイツなどでもワークショップを行っている。
また、日本およびアメリカにおいて、長期的なスタディー・グループとして、半年ごとに5−7日間、自然の中での泊りがけのワークショップを行なっている。2−3年続くグループを、15年ほどいくつもの期にわたって続けており、クリスはこれらのスタディーグループを「姉妹都市」のような「姉妹ゲシュタルトグループ」として、太平洋を横断するオープンハートとオープンマインドをもった気づきのコミュニティにしていきたいと考えている。
  
また、現在終身刑で刑務所に入っている女性の人生を輝かせるという独特で画期的なプログラムにも関っており、GAPを通じて女性たちが自分たちを再発見する機会を提供している
(http://www.thelionesstale.com/inside.html)
 
「教えていることは、自分自身が一番学ぶべきこと」という、teacher(教える)であると同時に ongoing student(つねに学ぶ)という姿勢を貫き「共にするプラクティスとしてのGAP」を実践している。その明晰さと優しさ、慈愛に満ちた眼差しは「気づき」をキーに参加者の「いま、ここ」に寄り添い、すべてに「YES」をいうスペースをサポートしてくれる。
 
GAP公式ページ:http://www.gestaltap.jp/